足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

ポリエステル繊維の色落ち

   

家庭でポリエステルの衣服を洗濯した後、アイロンがけをしたら色が薄くなった!という経験はありませんか?

ポリエステルは、綿やシルクなどの繊維を染める染料では染まりにくいので特殊な染料で染めています。

アイロンがけで色が薄くなったのは、アイロンの熱と水分で特殊な染料が移動したり昇華したのだと考えます。このような状態になるのは、ポリエステルを洗濯した後、生乾きの状態で高温のアイロンをかけた時に起こりやすいのです。

一般的には衣類は少し濡れている状態の時にアイロンをかけるシワが伸びやすいのですが、すべての繊維に有効ということではないのです。ポリエステルが入っている衣類のアイロンがけには霧吹きはしないほうが無難です。

また、アイロンの温度も130度あたりでしましょう。低温だとシワがのびないように思われますが、弱いシワでしたら十分に伸びます。

ポリエステル繊維は非常に乾きやすい繊維です。洗濯の脱水は弱めにして干して自然乾燥にしておけばほとんどシワがつきません。また、プリーツ加工などがない衣類でしたら脱水の後、回転式の乾燥機で回すとほとんどシワにならずにそのまま着用出来ますよ!

 - Uncategorized

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
ドライクリーニングって何?

お客様に時々「ドライクリーニングってどのような洗いですか?」と聴かれます。 ドラ …

no image
七五三の衣装

京都、上京区にある近くの上御霊神社に七五三の知らせが出始める時期です。 七五三は …

no image
初めての書き込み

長い間、このブログが更新してません。 これからは、このブログが私のツゥィターとフ …

img_0150
高額なインポート衣類が多くなってきました!

ここ何年間で、高級なインポート物のクリーニングが増えてきました! 高級衣類は、大 …

image
洗濯日和 4月号

桜の蕾が膨らんできた、3月下旬に 足立クリーニングのニュースレター 洗濯日和4月 …

no image
最近のしみ抜き

ここ数日、仕事と仕事以外で忙しい日々を送って、 なかなかパソコンの前に、落ち着い …

no image
衣類は大切に

現在は、豊富にいろんな価格の衣類があります。 中には、服を買っても袖を通さずにク …