足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

着古し感を出したファッション

   

ダメージ(damege)加工とかビンテージ(vintage)加工
などを施して、新品のジーンズを
古着のように見せるのが当たり前のように
なってきました。
ダメージの意味としては「破損」
ビンテージは「由緒のある、古くて価値のある」
と言うことになります。
さて、生地にダメージを与える方法は、
グラインダーなどのやすりで表面を削る
方法があります。
これは、生地の縦糸を細くしたり
完全に切ってしまったりしてダメージを
与える方法です。
また、製品全体の加工として、
植物分解酵素(セルラーゼ等)を使用して、
生地の表面を溶かして古着感を出します。
この場合、生地全体が脆化しているので、
摩擦が多い所から破損が出てきます。
もう一つ、硫化洗いという加工方法があります。
これは、硫化染料というもので粗雑に染めた後
染め色を洗い落とします。すると新しい生地の
白い部分が古びた淡い色になります。
ですが、この硫化染料がきれいに洗われないと
生地の中で、まれに硫酸となって生地を分解して
軽い力でも生地をボロボロにしてしまいます。
このような加工をして、今のデニムは古着感を
出しているのですが、上記で書いたように
生地はかなりのダメージを受けているのですから、
洗濯には気をつけなければなりません。
出来れば、洗濯機を使わずに手洗いで洗う方法を
お勧めします。脱水も畳んで行ってください。
くれぐれも、子供さんが買ってきた
破れたジーンズを何気もなく洗濯機で回して、
洗いあがってきたら、ボロボロになっていた!と
言うことのないように!
ジーンズだと言ってもびっくりするぐらいの
値段がするものです、特にビンテージ物だと
取り返しがつきませんよ!
お母さん、気をつけて!

 - トレンドファッション, 衣類の豆知識, 足立の“今日、一日”

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
紫外線が強くなってきています。

「5月が一番紫外線の量が多いので、  外出の際は紫外線対策を、しっかりしてくださ …

no image
ELSコットン

クリーニング業を営んでいると、 当たり前ですが、いろんな洋服の生地に出会います。 …

no image
水洗い

今日、ある会社の事務所に集配に伺った時のことです。 その事務所には、ここ一ヶ月前 …

ネーム入れ

「クリーニング屋さんは、よく間違えもなしで  出した服が返ってきますね!」 と、 …

no image
ローライズジーンズ

店での仕事には、作業着としてジーンズをよく穿きます。 普段着のジーンズは、荒っぽ …

no image
静電気

今日の雨は、久々にしっかりと降ったように思います。 こんのような雨の日には、あま …

no image
半襟

着物をよく着られるお客さんから、 長襦袢の洗いを頼まれました。 そのお客さんは、 …

no image
パタンナー

日経新聞の夕刊に「ザ仕事人」という新連載が始まりました。 その一回目が「パタンナ …

no image
松やに

昨日、 「松やにが、ズボンについて取れますか?」 と言われて、店に持ってこられま …

no image
年内納め

今年もあと僅かになってきました。 何年か前は、この時期になると “クリスマスは楽 …