足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

餅は餅屋

   

季節が変わって、暑くなってくると衣替えも進みます。
衣替えの最後の方は、シャツが半袖になり
長袖を仕舞い洗いされます。
今は、その段階ではないのですが、
先日、「ワイシャツの衿が汚れて、とってほしい!」
との依頼がありました。
シャツは洗ってあるのですが、
衿が、うす汚れっていて確かに綺麗!という状態では
ありません。
「家で洗っているのですが、なんとなくよごれてきて・・・」
と言われていました。
そこで、家庭洗濯とプロの洗濯の一番の違いは、
使う洗剤の違いや機械が違う、のほかに
なんといっても、高温で洗う!という事です。
最近の家庭洗濯機は、ななめドラムや乾燥機付き・
オゾンの力で殺菌するなど
私たちが見ていても、すごい機種が出てきています。
それでも、50度・60度、それ以上の高温のお湯で
洗う事は、なかなかと出来ません。
高温ですと、その洗剤の能力を最大限、引き出せます。
ですので、プロが洗うYシャツは綺麗なのです。
ただ、何でもかんでも高温では洗えません。
そこを選別するのが、プロです。
それに、仕上げもプロの方が綺麗にいっていると
思っています。
仕上げには色々と、不満の声は聞こえてきそうですが、
本当に大事にされているシャツは、
その旨をお店に伝えてください。
値段は、高くなりますがボタンの破損や
気に入らないシワはなくなるとおもいますよ!
“餅は餅屋” “洗濯は洗濯屋”
家庭で洗っておられる方、洗濯屋さんに依頼されると
やはり違うな!と感じられますよ!

 - 洗濯の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識, 足立の“こだわり”

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
半襟

着物をよく着られるお客さんから、 長襦袢の洗いを頼まれました。 そのお客さんは、 …

no image
漂白剤が手に付いちゃった!

皆さん、このような経験はありませんか? 漂白剤を使っていると “手がぬるぬるにな …

no image
七五三

町の木々が色づいてくる11月。 あちこちの神社には、かわいい着物を着た 子供さん …

no image
リコール

“リコール”と聞くと「車の事」と思いますが、 洋服にもあるのです。 業界新聞を読 …

no image
紫外線が強くなってきています。

「5月が一番紫外線の量が多いので、  外出の際は紫外線対策を、しっかりしてくださ …

no image
何でも言って下さい!

クリーニング業をしていて、 いつもお客様の立場にたって、 仕事をしようと心掛けて …

no image
20年度の始まり

4月1日、肌寒い一日でしたが、 鴨川は、桜の花が開いて川岸はピンク色に 染まりか …

no image
ウールは身を守る

羊の代名詞的な存在であるメリノ(Merino)種は、 世界各地に広く分布し、世界 …

no image
皆さん、注意をしてください!

服を購入をするとき、皆さんは何をポイントにしますか? 今、流行っているデザインの …

image
石鹸の話

上の画像、家庭用の洗濯洗剤の表示を撮ってみました! 液性が、弱アルカリ性になって …

PREV
ロッキー
NEXT
縞柄