足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

   

暑い暑い夏がやってきました。
7月17日、京都では祇園祭りの山鉾巡行が
梅雨明けの炎天下の下で行われました。
巡行に携われた方々、観光客の方々は汗だくだったでしょうね。
早速、今日の夕方にお客さんから
山鉾巡行で着用された白着物、裃・袴・足袋の洗いの注文が
入ってきました。
汗だくのこれらは、水を使わないと汗が取れません。
また、染み抜きでも水は欠かせません。
その“水”の事がクリーニング新聞に載っていました。
その記事は、静岡理工科大学・志村史夫氏が講演された
内容のものです。
そこには、水は哲学的に見ても「上善水如(じょうぜんみずのごとし)」
といわれるように、まさに「人生の師」というような存在である。
また、水はきれいなものも汚いものも、みな溶かし込み、きれいに
洗い流してしまう。と言われ、実際、水は溶解能力が極めて高い
物質で、固体・液体・気体を問わず、ほとんどの物質は水に
よく溶けると考えていいようです。
ですので、昨今の地球規模での環境汚染に関するほとんどの
物質が、水の溶け込んでしまい、われわれの生活を支える
生活用水の原水の汚染度が年々増しているようです。
汚染が進めば、浄化するために塩素の投入量を増やしますので
塩素の副作用も無視できなくなります。
それに、水を使った洗浄の分野では
「ナノバブル水・マイクロバブル水」の研究がされていて
きわめて細かい気泡を水の中に作って、気泡が弾ける時の
力で洗浄をする技術を考えておられるみたいです。
近い未来、洗剤ゼロできれいに衣類が洗える時代が来る
ような予感です。

 - 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
酵素入りの洗剤

家庭用洗剤のパッケージを見ていると 「酵素パワーの**」とか「バイオの力○○」な …

no image
縞柄

野球シーズンが始まって一ヶ月、 野球ファンにとって、一喜一憂の日々が 続いている …

no image
洗濯機のカビ

菜種梅雨。 辞書を引くと、 「菜の花の咲く3月下旬から4月にかけて、  連日降り …

no image
黒留袖の話

1月の後半から、着物洗いの依頼が増えてきています。 仕事で、着物を着ておられる方 …

no image
残り福

「商売繁盛で笹もってこい!」 の掛け声で、にぎわっている“えべっさん”に 参って …

no image
ヴィンテージ物

ヴィンテージ風が流行の昨今。 クリーニング屋さんは、何処まできれいにしたら 良い …

no image
害虫に注意

冬物衣料の仕舞い洗い。 コートなど大きい物からクリーニングに出されて おられると …

no image
ウールは身を守る

羊の代名詞的な存在であるメリノ(Merino)種は、 世界各地に広く分布し、世界 …

no image
初釜

私の暮らしている学区内に、裏千家があります。 1月7日に裏千家の今日庵で、初釜が …

no image
着物の仕上げ

19年度、最後の月。 3月に入って、あちらこちらで卒業式が 行われています。 京 …