足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

ヴィンテージ物

   

ヴィンテージ風が流行の昨今。
クリーニング屋さんは、何処まできれいにしたら
良いのか判らない!という衣料が多くなってきました。
先日、よく行っている京都のあるデパートで、
婦人服売り場に行くと
(そこの店長と、よく服についてしゃべっています。)
「このジャケット、ここ汚れているで!」
「違うんです!あえて、古着感をだしているのです!」
「この商品が、うちに来たら、一生懸命に落とすで!この汚れ!」
「汚れているのではないのです!デザインです!」
と、冗談交じりでしゃべっていました。
ヴィンテージ風といえば、デニムを思い浮かべるのですが、
今や何でもあり!ですよね。
そこで、ファッション雑誌に目をやると
“買っておろしたその日から、着古し感を楽しめます。”
の見出しで、鹿の子織りのポロシャツ。
一昔なら、「色あせてきたから、何とかして!」
との依頼が来るようなポロシャツが新品。
そこのページに書いてあるのが“ガーメントダイ”
ガーメントダイとは、糸の段階ではなく、製品化後に
染色をする手法のこと。
製品染めとも言われていて、糸や生地の段階で
染めるのではなく、服、つまり製品になったものを
染料で染め上げる手法。
服の部分によって、染料の入り方や生地の縮み具合が
違うため、独特のムラのある染め上がりに。
ということのようです。
ブランドによっては、その染料が特殊であったり
染め上げてからの“洗い”に工夫をしたりと色々のようです。
こんなに古着が流行ってくると、
色あせた3年前の黒いポロシャツも堂々と着られるかな?!
と期待をするのですが、やはり汗などで色あせた感じは
汚らしいですね!
気に入っているので、染め直しでもしましょうか!

 - トレンドファッション, 衣類の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
香水にご注意を!

今日は、暑かった! 洗い場に入ると、真夏はむせ返るような暑さ! しかし、今日は、 …

no image
水滴に注意

黄砂がひどい、ここ数日ですよね! 自店の前から見える比叡山も、 昨日はまったく見 …

no image
臭い

最近のコマーシャルを見ていると、 “臭い”に関するものが多くあります。 臭いに敏 …

no image
紺ブレ

職場での軽装化が定着してきて 男性の服装がスーツ一辺倒では なくなってきているよ …

no image
ボルドータイ

クールビズが、今や定着をしてきて ノーネクタイで会社に出勤をする人が多くいます。 …

no image
紫外線が強くなってきています。

「5月が一番紫外線の量が多いので、  外出の際は紫外線対策を、しっかりしてくださ …

no image
皆さん、注意をしてください!

服を購入をするとき、皆さんは何をポイントにしますか? 今、流行っているデザインの …

no image
漂白剤について!

昨シーズンに白いものを洗濯をして、 いざ着ようと、タンスから出してきたら、 思わ …

no image
紋のお話

着物の洗いを勉強していると、 着物自体のことを、もっと知りたくなってきています。 …

デニムについて

デニムについてですが、少しばかりの豆知識! ジーンズに使われている、デニム(de …