足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

漂白について

   

「そろそろ、お米を精米しないとお米がないで!」
と、嫁さんが私に言ってきました。
嫁さんの実家で、精米をする前の米を
里帰りするたびに買って帰ってくるので
家の米びつが、乏しくなってくると
コイン精米所に行っています。
30キロの袋を、クリーン精米(他に7分精米・3部精米などがあります。)
するのに600円で10分そこそこ。
薄茶色の玄米が白いお米になって出てきます。
まるで、お米の漂白やな!
ということで、漂白の話。
まず、洗剤と漂白剤との違いから。
洗剤は、界面活性剤を使って
繊維についている、水に溶けにくい汚れを
取り除いていきます。
それでも、汚れが残ってしまっている、
特に色の付いた物質が繊維に頑固に残っている場合が
シミになります。
それを、目立たなくするのが漂白剤です。
漂白剤は、化学反応によって「シミや汚れを分解」することで、
汚れを落ちやすくするもので、主なものに塩素系と酸素系があります。
塩素系の方が漂白力は高いのですが、
白物にしか使用できませんので、
普段のお洗濯には色・柄物にも使用できる
酸素系の方が適しています。
洗剤の後ろの表示を見れば、塩素系か酸素系かが
分かります。
家庭で、上手に漂白剤を使いこなして
洗濯を楽しくしてください。

 - 洗濯の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
餅は餅屋

季節が変わって、暑くなってくると衣替えも進みます。 衣替えの最後の方は、シャツが …

no image
過ぎたるはなお及ばざるが如し

紅葉情報を見てみると、 京都の大覚寺で、色づきはじめた!との事。 秋が深まりだし …

デニムについて

デニムについてですが、少しばかりの豆知識! ジーンズに使われている、デニム(de …

no image
いろんな依頼

11月。 なんとなく気ぜわしさが、じわりじわりと感じる時期です。 あと、2週間ち …

no image
部屋干しのコツ

またまた今週末は、天気が荒れ模様。 このように、天気が悪くなれば洗濯物を部屋に …

no image
漂白剤が手に付いちゃった!

皆さん、このような経験はありませんか? 漂白剤を使っていると “手がぬるぬるにな …

no image
臭い

「このズボンのお茶のシミ、落ちますか?」 と、昨日、女性の方が私の所に持ってこら …

no image
静電気

今日の雨は、久々にしっかりと降ったように思います。 こんのような雨の日には、あま …

no image
ヴィンテージ物

ヴィンテージ風が流行の昨今。 クリーニング屋さんは、何処まできれいにしたら 良い …

no image
ELSコットン

クリーニング業を営んでいると、 当たり前ですが、いろんな洋服の生地に出会います。 …