足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

水滴に注意

   

黄砂がひどい、ここ数日ですよね!
自店の前から見える比叡山も、
昨日はまったく見えないほどです。
そして、屋根のないガレージに停めている
私の車は、黒色なのですが
ものの見事に白い斑模様になってしまっています。
このような日は、洗濯物は部屋の中に
干したほうが無難ですよ!
手すりなんか、すぐにザラザラになっているのですから、
濡れている洗濯物には、思っている以上についている
と思いますよ!
そんな黄砂が多い日の、雨はかかりたくないですよね。
それでなくても、空気中のチリやほこりを含んでいるのに
それ以上に黄砂だなんて嫌になります。
でも、黄砂を含んでいない雨でも
蛇口から出るきれいな水でも、服地に付くと
シミになる場合があります。
これを“水シミ”とか“ウォーター・スポット”と呼んでいます。
服地に水がかかると、そこが濡れ色に変わります。
乾いて、その濡れ色が消えればいいのですが、
乾いてもあとが残ったりします。
水滴があたった所の繊維が、水を含んで、
膨らみ、縮む事によって生地の厚みが増します。
すると、そうでないところと差が出来てしまいます。
この差が衣表に出てしみのように見えます。
水滴による部分収縮が水シミです。
この水シミは、水につけると簡単に消えます。
が、水につけると型崩れや色泣きをするものは
注意が必要です。
また、絹織物は、水性の糊で仕上げているのが
一般的ですので、水シミが出来やすいので
こちらも要注意です。
昨日、私の所に
「この訪問着、涙がこぼれてシミになってしまいました。
 しみ抜きをお願いします。」
との依頼がありました。
確かに、見てみるとシミがあります。
画像に残そうかと思い、写したのですが、
どうもきれいに写らないので今回は、なしです。
確かに、涙も水分。
これも“水シミ”です。
明日にでも、処理をしておきましょう!

 - 衣類の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
気分爽快!

爽快を辞書で調べると 「さわやかで気持ちがよいこと。」 と書いてあります。 好き …

no image
害虫に注意

冬物衣料の仕舞い洗い。 コートなど大きい物からクリーニングに出されて おられると …

no image
ウールについて

5月も12日だというのに、涼しいどころか寒い一日でした。 でも、お客さんは 「い …

コーティング加工 2

  この画像は、クリーニング技術情報に載っていたものです。 この生地は綿織り物を …

no image
流行色

男性は 「グレーとカラードグレー(色みのあるグレー)  によるグレー系バリエーシ …

no image
最近のクレーム

クリーニング新聞を読んでいると、 日本の衣料の92.8%が外国製だそうです。 最 …

デニムについて

デニムについてですが、少しばかりの豆知識! ジーンズに使われている、デニム(de …

黒かび

梅雨明けはまだかな! と愚痴が出てしまうほど、すっきりとした天気に ならない今日 …

no image
テンセル

洋服を買おうと、ショップに出かけて 「この服、いいな!デザインも色・柄もいいし …

no image
普段の生活に注意

足立クリーニング店の集配地域に、 少し外れてはいるのですが、 銀閣寺の少し南の所 …