足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

秋・冬物の服を綺麗に着ている人のお手入れ法

   

クリーニング店を営んでいるとクリーニングの情報をみよう!とします。

先日、アメーバニュースで「ブランドスタッフに聞いた!「秋冬服を綺麗に着ている人」のお手入れ法」という記事が載っていました。

簡単に紹介してみます。img_0276-2① 衣類用スチーマーを活用

着用後、ハンガーに吊るして衣類用スチーマを洋服にかけるとシワが伸びるのはもちろんの事、臭い消しにもなるから日頃からよく使っている!とのことです。

② 着回しをせずに休ませる

手入れをしているのに、すぐにくたびれてしまう!という方は、頻繁にその洋服を着用されているのかもしれません。記事には1日着たら2日は休ませたほうが良い!とのことです。

③ 使う前に防水スプレー

洋服以外の物も長く綺麗に使いたいものです。靴や鞄も初めて使う前に防水スプレーをかけておくと、防水効果はもちろん汚れが付きにくく、汚れがついても落ちやすくなります。

④ 着用後はブラッシング

やはり昔からお手入れの方法としてブラッシングはかかせません。着ている時に付いた埃を払い落とすのと、ブラッシングによって繊維が整いツヤのある綺麗な洋服を保てます。

以上、4つ「洋服を綺麗に着ている人のお手入れ法」です。

普段のちょっとした手間でお気に入りの洋服が長く綺麗に使うことができます。

でも、汚れたら、やはりクリーニングをされた法がいつまでも綺麗に着られると思いますよ。

これからの秋・冬もお気に入りの洋服で綺麗オシャレを楽しみましょう!

 

 

 - 衣類の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
シルクジャージのワンピース

つい先日にゴールデンウィークという連休が 終わったところなのに、 もう夏休みの予 …

黒かび

梅雨明けはまだかな! と愚痴が出てしまうほど、すっきりとした天気に ならない今日 …

コーティング加工 2

  この画像は、クリーニング技術情報に載っていたものです。 この生地は綿織り物を …

デニムのしみ抜き

今や、作業着のイメージはなくなり すっかり、おしゃれのファッションには 欠かせな …

no image
コーティング加工

 2年前に、集配のお客さんから 「このコートの裏がネチャネチゃになって気になる! …

no image
ウールは身を守る

羊の代名詞的な存在であるメリノ(Merino)種は、 世界各地に広く分布し、世界 …

no image
夏の着物

長い梅雨も、そろそろ明けてくるような猛暑の一日。 本当に暑い一日でした。 こんな …

no image
フリースの話

先日のFIFAクラブワールドカップ・ジャパン06(トヨタ杯)は、 インテルナシオ …

no image
浴衣の語源。

7月に入ると、京都の町は祇園祭、一色になります。 今日、14日から四条烏丸界隈も …

no image
テンセル

洋服を買おうと、ショップに出かけて 「この服、いいな!デザインも色・柄もいいし …