足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

コーティング加工

   

 2年前に、集配のお客さんから
「このコートの裏がネチャネチゃになって気になる!」との依頼を受けました。
触ってみると、手に付く感じで、所々生地がウロコ状になっています。
このコートの裏地は、バックコーティン加工と言ってポリウレタン樹脂が貼られています。
その時は、「この生地は、何年かすると、このように劣化してきて粘つきだします。洗っても
取れないと思います。」と説明をしました。
お客さんはそのことを承諾していただき、それでも洗って!とのことでしたので
単品洗いで、手洗いをしてお返しをしました。バックコーティングの剥離は進みました。
 その衣類を、先日再び受け取りチェックしてみると、裏の樹脂は半分ぐらい取れていて
残りは、工作などで使うノリが付いているような状態でした。
誰でもが知っている一流メーカーです。バックコーティングなので表からは分からないので
そのまま着用されているみたいです。
お客さんは、「このノリのようなモノを取ってほしい!」との依頼でした。
どれぐらい取れるかわかりませんでしたが、洗うときれいに全部取れて、お客さんは満足されました。
 このようにコーティング加工には寿命があることを知っていただきたいのです。
 次回もコーティング加工についてアップします。

 - 衣類の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
ヴィンテージ物

ヴィンテージ風が流行の昨今。 クリーニング屋さんは、何処まできれいにしたら 良い …

no image
衣服の色の変色

前回の続き。 衣服の色が部分的に色が変わっている!と言う事は しばしばありますよ …

no image
縞柄

野球シーズンが始まって一ヶ月、 野球ファンにとって、一喜一憂の日々が 続いている …

no image
夏の着物

長い梅雨も、そろそろ明けてくるような猛暑の一日。 本当に暑い一日でした。 こんな …

no image
織物の豆知識

クリーニング業を営んでいて、 洗いや染み抜き・アイロンがけなどの勉強だけではなく …

no image
フリースの話

先日のFIFAクラブワールドカップ・ジャパン06(トヨタ杯)は、 インテルナシオ …

image
洗濯日和 4月号

桜の蕾が膨らんできた、3月下旬に 足立クリーニングのニュースレター 洗濯日和4月 …

no image
テンセル

洋服を買おうと、ショップに出かけて 「この服、いいな!デザインも色・柄もいいし …

黒かび

梅雨明けはまだかな! と愚痴が出てしまうほど、すっきりとした天気に ならない今日 …

no image
ELSコットン

クリーニング業を営んでいると、 当たり前ですが、いろんな洋服の生地に出会います。 …