足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

黒かびに注意

   

気温が高い日に、濡れたシャツやズボンを
ビニール袋などで密閉すると、
黒かびが付きます。
今回のシャツは、そのような事を
されたかどうかは分かりません。
または、濡れていた状態のまま
押入れ等にしまわれ、湿気た状態で
しばらく保管されたのかどうかも
判りませんが、それがこのシャツです。

(クリックをすると、拡大します。)
全体に黒かびがありますが、写真写りが判らないので、
衿の部分だけを写しています。
「そんな白い生地なら、塩素漂白をすれば取れるだろう!」
と言う意見が聞こえてきそうですが、
黒かびは、塩素漂白では取れません。
それどころか、写真では写すのを忘れていますが、
衿の裏には、ストライプ模様が入っていますので、
漂白をすると、最悪の場合、柄が消えてしまいます。
黒かびを取る方法は、いくつかあると思いますが、
不入流で、柄物の物に付いた時の方法で処理をしたら、

(クリックをすると拡大します。)
きれいに、柄もそのままで黒かびが取れました。
これから今しばらくは、気温の高い日が続きます。
夕立や、汗などで濡れた、物は洗濯するか
乾くように干してください。
これで、黒かびの発生はかなり抑えられます。

 - 染み抜き事例, 衣類の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
柔軟剤の働き

タオルやトレーナーを洗濯する時、 最後に柔軟剤を入れる方が多いと思います。 私の …

家庭洗濯の事故

お正月が近づいてきて、色んな雑用ができ パソコンの前に、なかなか落ち着いて座れな …

no image
ストーブのガスに注意

昨日、4月20日(日曜日)は朝から良い天気でしたので、 嫁さんと造幣局の桜の通り …

no image
脇の汗ジミ

夕方の5時ですっかり日が暮れ、 京都では、南座の顔見世に挙げる「まねき」に 勘亭 …

着物にワインが・・・・

気を付けていても、 「あっ!しまった!」と言う事はよくあることで、 この着物のク …

着物のしみ抜き

今日は、先週にしみ抜きをした着物のしみ抜き事例です。 前身ごろについた少し時間が …

no image
最近のしみ抜き

冬物の仕舞い洗いで、忙しい4月・5月・6月は 洗い場・仕上げ台などの所で、てんて …

no image
水滴に注意

黄砂がひどい、ここ数日ですよね! 自店の前から見える比叡山も、 昨日はまったく見 …

no image
シルクのスカーフ

普段は深追いをしない、 シルクのスカーフのシミぬき! シルクのスカーフの染み抜き …

no image
間に合うかな?

今日の朝に、 「今度の日曜日に、はきたいスカートに  しみができていて・・・   …