足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

デニムのしみ抜き

   

今や、作業着のイメージはなくなり
すっかり、おしゃれのファッションには
欠かせなくなったデニム。
デニムが初めて作られたのが、
フランスのニム(Nimes)であり、
当初は“ニムのサージ(梳毛織物の一種)”という意味で
セルジュ・ド・ニム(serge de Nimes) と呼ばれていたのが
その後、単にド・ニムといわれるようになったのが、
デニムの語源らしいです。
そのデニム、オシャレであればあるほど、
他のものと擦れたときには、色が移るものです。
今回は、白色のコートの下にデニムのブラウスを
着用したら、脇にデニムの色が移った、事例です。

(画像をクリックすると拡大します。)
デニムの色素を落とす方法で除去!

(画像をクリックすると拡大します。)
もう一つ、
今度は、デニムに絵の具が付いた例。
ご存知のとおり、デニムを何気なく擦ると
その部分が白く色がおちますよね。
ですので、容易にしみ抜きをすると、地色をはがします。

(画像をクリックすると拡大します。)
シミの絵の具を浮き上がらせて、
地色は、そのままでしみ抜き!

(画像をクリックすると拡大します。)

(画像をクリックすると拡大します。)
どうでしょう?
きれいに落ちていませんか?
デニムは、一年中着られる素材です。
寒い冬でも、かっこよく着こなして、
元気よく出かけましょう!!

 - 染み抜き事例, 衣類の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
皆さん、注意をしてください!

服を購入をするとき、皆さんは何をポイントにしますか? 今、流行っているデザインの …

no image
ストーブのガスに注意

昨日、4月20日(日曜日)は朝から良い天気でしたので、 嫁さんと造幣局の桜の通り …

no image
リコール

“リコール”と聞くと「車の事」と思いますが、 洋服にもあるのです。 業界新聞を読 …

no image
七五三

町の木々が色づいてくる11月。 あちこちの神社には、かわいい着物を着た 子供さん …

img_0276-2
秋・冬物の服を綺麗に着ている人のお手入れ法

クリーニング店を営んでいるとクリーニングの情報をみよう!とします。 先日、アメー …

no image
フリースの話

先日のFIFAクラブワールドカップ・ジャパン06(トヨタ杯)は、 インテルナシオ …

image
品質表示がかわります!

平成28年12月から、洋服などについている品質表示が変わります。 品質表示は、ど …

no image
子供の祝い着

七五三の、のぼりがあちこちで 見られるようになってきました。 七五三に着せようと …

no image
雨の日のベルベット

先日、雨の日に嫁さんが お気に入りのベルベットのジャケットを着て外出しました。 …

no image
しわ加工

クリーニング新聞を読んでいると、 “しわ加工製品に注意” と見出しが躍っていまし …