足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

デニムのしみ抜き

   

今や、作業着のイメージはなくなり
すっかり、おしゃれのファッションには
欠かせなくなったデニム。
デニムが初めて作られたのが、
フランスのニム(Nimes)であり、
当初は“ニムのサージ(梳毛織物の一種)”という意味で
セルジュ・ド・ニム(serge de Nimes) と呼ばれていたのが
その後、単にド・ニムといわれるようになったのが、
デニムの語源らしいです。
そのデニム、オシャレであればあるほど、
他のものと擦れたときには、色が移るものです。
今回は、白色のコートの下にデニムのブラウスを
着用したら、脇にデニムの色が移った、事例です。

(画像をクリックすると拡大します。)
デニムの色素を落とす方法で除去!

(画像をクリックすると拡大します。)
もう一つ、
今度は、デニムに絵の具が付いた例。
ご存知のとおり、デニムを何気なく擦ると
その部分が白く色がおちますよね。
ですので、容易にしみ抜きをすると、地色をはがします。

(画像をクリックすると拡大します。)
シミの絵の具を浮き上がらせて、
地色は、そのままでしみ抜き!

(画像をクリックすると拡大します。)

(画像をクリックすると拡大します。)
どうでしょう?
きれいに落ちていませんか?
デニムは、一年中着られる素材です。
寒い冬でも、かっこよく着こなして、
元気よく出かけましょう!!

 - 染み抜き事例, 衣類の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
シルクジャージのワンピース

つい先日にゴールデンウィークという連休が 終わったところなのに、 もう夏休みの予 …

no image
ポリ乳酸

北極や南極の氷がどんどん溶けていく! 台風が、年々勢力が大きくなっていく! とい …

no image
蛍光剤入り洗剤

真っ白いシャツは、見ていても気持ちがいいものです。 しかし、生地は元々、そのよう …

no image
漂白剤が手に付いちゃった!

皆さん、このような経験はありませんか? 漂白剤を使っていると “手がぬるぬるにな …

no image
黒留袖の話

1月の後半から、着物洗いの依頼が増えてきています。 仕事で、着物を着ておられる方 …

醤油のシミ(着物)

着ている服を、あえて汚す人は まずいないと思います。 汚れる時は、ちょっとした不 …

no image
夜露

今日の朝は、久しぶりに肩まで肌布団を かぶったままでした。 やっと、季節が一歩進 …

「習字の授業がある事を知らずに気に入っている  トレーナーを着させたら、墨をつけ …

no image
織物の豆知識

クリーニング業を営んでいて、 洗いや染み抜き・アイロンがけなどの勉強だけではなく …

no image
ウールは身を守る

羊の代名詞的な存在であるメリノ(Merino)種は、 世界各地に広く分布し、世界 …