足立クリーニング店

TEL 0120-930-429

TEL 075-231-6531

京都上京区・北区の境界線、鞍馬口で創業100年

*

黒かび

   

梅雨明けはまだかな!
と愚痴が出てしまうほど、すっきりとした天気に
ならない今日この頃。
天気予報を見ていても、梅雨前線がしっかりと
横たわっています。
このような、じめじめとした日が続くと
体が重たくなり、動くのが億劫になりませんか?
体に湿気が溜まって、重くなっているような気がします。
人間の体だけではなく、衣類も湿気を吸っています。
その湿気を、しっかりと乾かさないと“カビ”が発生します。
今回、事例に挙げるのは、お店の麻のノレン。
暖簾の分かれているところに黒カビがついています。

(画像をクリックをすると拡大します。)
黒かび処理をすると、

(画像をクリックをすると拡大します。)
湿気たままにしておくと、すぐにカビが出ます。
雨降りのゴルフなど、
濡れた服を、ビニール袋に入れたままなどは、
黒かびが出てくる要因です。
気をつけてくださいね!

 - 染み抜き事例, 衣類の豆知識, 衣類・洗濯の豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image

暑い暑い夏がやってきました。 7月17日、京都では祇園祭りの山鉾巡行が 梅雨明け …

ダウンのお話

今週末から本格的に寒くなるらしい。 肩をすぼめるような北風に、 強い味方がダウン …

デニムについて

デニムについてですが、少しばかりの豆知識! ジーンズに使われている、デニム(de …

公開 パートⅡ

春の繁忙期(クリーニング業界では、4月・5月・6月が  冬物の仕舞い洗いで、最も …

no image
汚れました。

盛夏、真っ盛りの今日この頃。 何もせずに、じっとしていても汗が噴出してきます。 …

no image
ふんわりしたファッション

ワンピース・ブラウスやジャケットなど 肩口から袖口にかけて、ふんわりと 広がって …

no image
最近のしみ抜き事例

「このスカート、水玉の所がにじんで  直らなければ普段着にしようと思っているので …

no image
逆開ファスナー

クリーニング事故には、 型崩れ・破れ・脱色などなど洗いでの事故、 誤配などの受け …

no image
初釜

私の暮らしている学区内に、裏千家があります。 1月7日に裏千家の今日庵で、初釜が …

no image
リネンウォーター

この服、洗おうと思うのは、いつですか? 大半の方は、汚れたから、 又は、汚れが目 …